Blog

変わるコンテンツづくり  クリエーターとの協業が鍵に

10月28日と29日の2日間開催された「アドテック東京」は2年目を迎え、初日だけで前回の3000人を大幅に超える5000人近くが来場し、大盛況であった。本年は海外からの来訪者も多く、海外の日本市場に対する見方も変わってきたような気がする。私も昨年に引き続き、2つのセッションに参加させていただいた。各セッションの内容は色々なところで紹介されているのでお任せすることとし、今回は特にコンテンツに関して考えてみたい。

インターネット/デジタルのプレゼンス、特にソーシャルメディアが大きくなってくると、メディアやコンテンツの「質」が従来と変わり始めるだろう。情報を受け手がパッシブ(受動的)に見ているものと、何らかのアクションをもってアクティブ(能動的)に接しているコンテンツでは、作り方がまったく違う。

コンテンツの定義は広くなる一方である。例えばゲームでは、マイクロソフトが11月20日に発売をするキネクトは、手元のコントローラーではなく自分の体の動きでゲームをコントロールする。筆者も体験したが、今までとまったく違った世界観を体感できた。一方で企業ブースの座談会に登場した堀江貴文氏は、メールマガジンが電子書籍ビジネスの優等生でこれからメルマガの時代が来ると述べた。さらにソーシャルメディアに至っては、ユーザーそのものがメディアであり、コンテンツを作っているのである。

1日目のキーノート(基調講演)で、グーグルのマービン・チョウ氏は将来デジタル広告は全体の50%以上になると予言した。業界が大きくなればなるほど、各種コンテンツの重要性が増してくるだろう。吉本興業の大﨑洋社長は、今後テレビとWebが互いに補完し合って発展することが重要とし、フジテレビジョンの大多亮氏はWebにエンドロール(クレジット)のないことはクリエーターとしてはWebの閉塞感の1つと指摘した。つまり、今後はデジタルマーケターとクリエーターがお互いを理解して進めてゆくことが必要であろう。

2日目のキーノートでマイクロソフトのキャロリン・エバーソン氏は、デジタル広告に必要なのはコンテンツ、クリエーティビティー、UI(ユーザーインターフェース)の融合と述べた。2011年のアドテックではクリエーターの表現する場所を作成し、何らかのアワードを開催するのも興味深いのではないだろうか。筆者がメンバーであるアドバイザリーボードで提案してみたいと考えている。

関連記事

  1. Blog

    「半沢直樹」のヒットの背景を考えてみた(3)

    「倍返し」は流行語として定着かいまや大ブームと呼べるであろうドラマ「…

  2. Blog

    コトラー・フォーラム2014に参加して(1)

    前回の記事「2014年のマーケティングの潮流を占う3つのトレンド」はこ…

  3. Blog

    リキッド・アンド・リンクド戦略を展開する先は「トリプルメディア+1」

    パッケージも自社流通網も“Owned”メディア前回紹介した「リキッド…

  4. Blog

    2015年のマーケティングのトレンドを占う

    皆さん、明けましておめでとうございます。昨年は本コラムを含め大変お世話…

  5. Blog

    iMedia Brand Summitで見た、アドテク業界の進歩

    先週5月20日から23日まで沖縄残波ロイヤルホテルでiMedia Br…

最近の記事 // Recent Blog

  1. マーケティング視点のDX

会員ログイン // Login

カテゴリー // Category

アーカイブ // Archive

  1. Blog

    2012年の展望: スマートフォン・インターネット、ソーシャルメディアとゲーミフ…
  2. Blog

    クーポン共同購入サービスが流行する理由:1
  3. Blog

    顧客に“無料”を期待させるマーケティングは正しいのか?(2)
  4. Blog

    IT革命は次の次元へ進化か?各種制度の必要性も
  5. Blog

    Pokemon GO ポケモンGO 関連まとめ
PAGE TOP