Blog

【参考記事】映画「ソーシャル・ネットワーク」を通じて考えたこと

《このコラムは、新聞「アドバタイムズ」2010年10月27日発行号に掲載された「i(アイ)トレンド」をWeb上に転載したものです》

23日から開催されている東京国際映画祭で、特別招待作品「ソーシャル・ネットワーク」を見てきた。私自身も、1996年にインターネットのベンチャーを立ち上げて運営していた経験から、非常に感慨深いものがあった。全米などですでに公開されている本作品は、日本では2011年の1月15日に公開される予定なので、本紙の読者には是非一度見ることをお勧めしたい。

映画の内容は、Facebook(フェースブック)の創始者マーク・ザッカーバーグ氏がハーバード大学に入学し、フェースブックを立ち上げるまでの物語を知人達からの訴訟を通じて描くという内容である。ただし、当然であるが米国の大学生活やインターネットに関する内容が非常に濃いので、事前にある程度の知識を公式ホームページなどから得てから見ることをお勧めしたい。

私がフェースブックに出会ったのは、06年の9月に全世界的なコカ・コーラのインターネットマーケターが集まった会議をシリコンバレーで開いたときである。そのときにはフェースブック社の好意でその会議の参加者だけのクローズドなフェースブック空間を提供していただいた。したがって今でもフェースブックの友人関係はそのときの仲間が中心となっている。最初に見たときの感想は、すでに使っていた「mixi(ミクシィ)」とYahoo!グループを足したような機能に私が前職で行っていた「マイアルバム」 サービスを付け加えたようなものであった。便利なサービスではあったが、その後ここまで大きくなるとは、正直思っていなかったものである。

今後ソーシャルネットワークが発達してくると色々なことが起きると考えている。私は個人でかなり多くのソーシャルネットワークおよび情報交換のアカウントを持って利用している。具体的には、開設順で言うとNiftyフォーラム、個人ホームページ(ベッコアメ・インターネット)、Yahoo!グループ、ミクシィ、フェースブック、LinkedIn(リンクトイン)、モバゲータウン、ツイッター、アメブロ、ライブドアブログ、グリー、Yahoo!モバゲーになる。すでに閉鎖されたアカウントやサービスもあるが、残っているものは最近よく更新するなど活性化されている。

それぞれのサービスには捨てがたい特徴があるのだが、いかんせん全てを管理している時間がない。特にフェースブックやミクシィは全て追ってゆくと時間がかかる。今後、そのようなサービスを一括管理できるようなサービスが必要になると個人的には考えている。そのアカウントもひとつ増えることになるのであるが。

関連記事

  1. Blog

    位置情報を活用するゲーミフィケーションの実践例が続々登場

    楽しみが加わりネットとリアルの融合が活性化携帯やスマートフォンでは、…

  2. Blog

    まだまだ伸びている、「ストック型」ソーシャルメディアの王道:ブログ

    ブログとSNSの役割は異なるツイッター、フェイスブック、Google…

  3. Blog

    顧客に“無料”を期待させるマーケティングは正しいのか?(2)

    “無料”はなぜダメなのか前回のコラムで筆者は、ネットショッピングの“…

  4. Blog

    マーケティングツールとしても発展する“購入(EC)型”クラウドファンディング

    本記事は企業のマーケティングに活用できるツールとして最近活用が拡大して…

  5. Blog

    Windows8のローンチを通じてクロスメディアでの複合コミュニケーションの重要性をあらためて実感

    マイクロソフトに移籍してからというもの、連載を1回更新しただけでしばら…

  6. Blog

    MWC 2015、SENSORS IGNITION2015から見えてきたIoTとSoTの関係

    先週は非常に示唆に富む2つのイベントを体験することができた。1つ目は”…

最近の記事 // Recent Blog

  1. マーケティング視点のDX

会員ログイン // Login

カテゴリー // Category

アーカイブ // Archive

  1. Blog

    レコチョクがスマートフォン向け音楽サービスを次々と展開 その歴史を検証する
  2. Blog

    プロジェクションマッピングがもたらす可能性とは
  3. Blog

    “事業構想力の研究” 書評「できない理由をあげるより、できる方法を考える」
  4. Blog

    デジタル黎明期から見続けたITの世界。 今、必要なのは、クリエイティブの力
  5. Blog

    “755”のビジネスモデルは「これから」 まずはメディアとしての地位確立へ
PAGE TOP