Blog

オリンピック中「旅行をするな」と訴える英国航空の広告

英国選手に「ホームアドバンテージ」与えるキャンペーン

ロンドンオリンピックも終盤に差し掛かっており、多くの競技でメダル争いが展開されている。報道されているように、ロンドンの街中はあまり混雑していなく、一部の有名レストランを除いては席に余裕があるようだ。ロンドンは電車が発達しており、車の規制が激しいため道も空いている。タクシーの運転手も「思ったより車が出ていなくて運転しやすい」と話していた。そのような現象に一役買ったのかどうかはわからないが、オリンピック中の英国航空の広告キャンペーンが変わっていたので紹介したい。

航空会社である英国航空がオリンピックに合わせて行っているキャンペーンはHome Advantage(ホームアドバンテージ)というもので、“Don’t fly, support Team GB”(飛行機に乗って旅行をしないで、英国の選手を応援しよう!)というものである。航空会社なのにDon’t Flyといっているのが印象的な、逆説的なキャンペーンだ。英国航空はこのキャンペーンをかなり大々的に展開しており、テレビや交通広告はもちろん、インターネットやオリンピックパーク内のパブリックビューイングなども主催している。

ホームページには以下のように書かれている。

This Summer, the greatest sports event on Earth comes to London. And our best sportsmen and women have a once in a lifetime opportunity, to compete at the highest level with the whole country behind them. That’s why we’re asking the nation to join together, to give our athletes the greatest home advantage we can give them. It could be the difference between silver and gold. This Summer, there’s nowhere else in the world to be.

この夏ロンドンに地上最大のスポーツイベントがやってくる。そして我々の最高のスポーツ選手たちが一生に一度の最高の舞台で、国中のバックアップを受けてその技を披露するのだ。そのため英国航空は国家が一致団結して、彼らにホームアドバンテージを与えることを提唱している。その応援こそが銀と金の違いになるかもしれないからだ。この夏は他にいるべき場所はないのだ。

Flying during the games?
If you are flying with us during the Games, we are operating a full service as normal and we’re giving you every opportunity to get behind Team GB and ParalympicsGB while on your travels.

大会中に飛行機で旅行する?
もしあなたが大会中に旅行をする場合には我々は通常通り運行し、さらにあなたが英国オリンピック選手団(Team GB)やパラリンピック選手団を旅行中でも応援できる機会を提供しよう。

キャンペーンのサイト

「ホーム(家、本国)にいないとホームアドバンテージにならないよ」という広告

英国航空主催のパブリックビューイング

「収益下げて好感度高める」広告の効果をどう見るか?

テレビコマーシャルは1分の長尺で、英国航空の機内に搭乗した観客がロンドンの街中を抜け、オリンピック競技場に着くというものになっている。また、サイトやフェイスブック上で自分の住所を入れるとそこに飛行機が飛んでいるかのような演出をする仕掛けも用意されているようである。

確かに考えてみると、自国開催の場合には“海外旅行をしましょう”とは、航空会社、特にオリンピックのスポンサーである場合には言いにくいだろう。場合によっては“非国民”扱いを受けてしまうかもしれない。ただ、積極的に“Don’t Fly”という言葉を使い、期間限定ではあるが自らの収益を下げてでも、愛国精神を使って企業の印象を上げようという試みはうまく機能するのであろうか? 同じくスポンサーであるコカ・コーラのように大会期間中に商品の消費が最大化するような商品ではなかなか考えられない手法なので、その効果がどのように出るのか非常に注目しているのである。

「彼らをより早くするためには叫ぶことだ」という電車内広告

次回は22日(水)に掲載致します。

江端浩人「i(アイ)トレンド」バックナンバー

もっと読む

関連記事

  1. Blog

    大学生の企画力が予感させる「キュレーション・マーケティング」時代の到来

    大学生による様々な活動が活発化先週、たまたま学生の企画を審査する機会…

  2. Blog

    ad:tech Tokyo開催に際し改めて考えるオウンドメディアの重要性

    【前回のコラム「話題のニュースキュレーションアプリ動向(3)「異彩を放…

  3. Blog

    レコチョクがスマートフォン向け音楽サービスを次々と展開 その歴史を検証する

    レコチョク本腰で音楽のスマホシフト加速か皆さんレコチョクという会社を…

  4. Blog

    現在を象徴する言葉は”楽天・なでしこ・おもてなし”

    優勝セールにアクセス集中「就任当時あの大震災で苦労なさっている皆さん…

  5. Blog

    位置情報を活用するゲーミフィケーションの実践例が続々登場

    楽しみが加わりネットとリアルの融合が活性化携帯やスマートフォンでは、…

  6. Blog

    スマートフォンのキラーアプリケーションとしてのSNSを考える

    スマホのSNS利用はツイッター、フェイスブック、mixiの順…

最近の記事 // Recent Blog

会員ログイン // Login

カテゴリー // Category

アーカイブ // Archive

  1. Blog

    得意こそものの上手なれ、好きはそのうちついてくる
  2. Blog

    インドのiMedia Brand Summitで感じたこと。
  3. Blog

    【動画コンテンツ配信サービスのゆくえ】(1)テレビ番組はどこで配信すべきか?
  4. Blog

    1億2000万人がゲーマーになる!? 「ゲーミフィケーション」理論とは
  5. Blog

    デジタル黎明期から見続けたITの世界。 今、必要なのは、クリエイティブの力
PAGE TOP