Appearances

World Marketing Summit Tokyo 2019のアンバサダーに再度任命されました。

マーケティングの父と言われている、フィリップコトラー博士が来日して実施する、World Marketing Summit Tokyoが2019年も開催されることが決定しました。
博士は昨年は中継登壇だったので2年ぶりの来日です。

光栄なことに江端はそのWorld Marketing Summit 2019のアンバサダーに年連続で指名いただきました。

江端の主宰する次世代マーケティングプラットフォーム研究会のメンバーに対しては特別な配慮がございますので、ぜひこちらにご入会の上、ご確認ください。

では、当日お会いいたしましょう!

World Marketing Summit 2019概要

名称 ワールドマーケティングサミット東京 2019
Value Creation Through Innovation – イノベーションによる価値創造 –
開催日程 2019年10月9日(水)10:00~17:30
会場 ベルサール汐留(中央区銀座8丁目21−1 住友不動産汐留浜離宮ビルB1F)
概要  ワールドマーケティングサミットは、「現代マーケティングの父」であるノースウェスタン大学 ケロッグ経営大学院のフィリップ・コトラー教授によって2010年に設立されました。世界中から国際機関、行政、企業、研究者などが参加し、「新しい現実におけるマーケティング」をテーマに、マーケティングの視点から社会的な課題に取り組み、持続可能な解決策を見出すべく活動しています。

また、全世界で「新しいマーケティングパラダイム」を共有し、マーケティングを単なる企業経営のツールというレベルから、社会的責任に優れた企業戦略へ進化させるというビジョンを持っています。

第1回目のワールドマーケティングサミットは2012年にダッカ(バングラデシュ)で開催されました。その後、2013年開催のクアラルンプール(マレーシア)では、世界各国から50名以上ものスピーカーを迎え、4000名以上の企業や組織の代表者が参加しました。第3回から第5回(2014年 ~2016年)までは、東京(日本)で開催。3年間で、世界を代表するマーケティング・リーダーが6,000名以上参加するなど、名実ともにマーケティングのメッカとして、日本から世界に新しいマーケティングの潮流を示していくことに成功しました。

この流れを受けて、2017年から世界10数カ国でワールドマーケティングサミットが開催されることになりました。現在も世界各国でコトラー教授や世界のマーケティング・リーダーを集め、小規模のサミットを開催することで、このサミットの理念の世界的な普及を目指し活動しています。

東京でも2017年からワールドマーケティングサミット東京を3年連続開催。今年で東京でのサミット開催は6年目となります。

2019年は東京のほか、タイ、中国、南アフリカ、イタリア、トルコ、イギリス、パキスタン、スリランカ、インドほか10ヵ国以上での開催が予定されています。

募集定員 800名(定員になり次第締切ります。お早めにお申込みください。)
言語 日英同時通訳付き

関連記事

  1. Blog

    クーポン共同購入サービスが流行する理由:1

    IT分野のカンファレンス「インフィニティ・ベンチャーズ・サミット」が7…

  2. Blog

    オウンドメディア新規活用策が続々登場 KDDI、T-SITE、Lideaに見るマーケティングプラット…

    前回のコラムはこちら9月17日と10月1日付のコラムで「アドテック…

  3. Blog

    Digitize or Die: ワールド・マーケティング・サミットで見えてきたマーケティングと経営…

    アンバサダーとして参加してきました東京では2回目となるWorld Ma…

  4. Blog

    TVストリーミング元年到来か?「見逃し番組はネットで」が拡大中

    ストリーミングでの番組視聴、米国で先行皆さんはテレビ番組を生で見られ…

  5. Blog

    テレビのCMをOfficeのPowerPointで作成してオンエアしました

    番組スタッフとコラボレーションで制作9月7日の夜11時6分、アルゼン…

  6. Blog

    コトラー・フォーラム2014に参加して(1)

    前回の記事「2014年のマーケティングの潮流を占う3つのトレンド」はこ…

最近の記事 // Recent Blog

会員ログイン // Login

カテゴリー // Category

アーカイブ // Archive

  1. Blog

    オウンドメディア新規活用策が続々登場 KDDI、T-SITE、Lideaに見るマ…
  2. Blog

    広がる動画配信プラットフォーム普及の鍵はお金をかけたコンテンツなのか?
  3. Blog

    新球団誕生?日本のインターネット・ソーシャル企業の躍進は本物か
  4. About

    関連会社エバーパークLLCプレスリリース:CDOシェアリング
  5. Blog

    急激に進化を遂げるGoogle+はフェイスブックに対抗する勢力になりうるのか?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。