Blog

江端は令和になり、スポーツニッポン新聞社の特任執行役員・CDOになりました。他の活動も続けてまいります。

2019年4月25日の取締役会でご承認いただき、江端は2019年5月1日付で株式会社スポーツニッポン新聞社の特任執行役員・CDO (Chief Marketing Officer)に就任いたしました。

4月1日に先行されて設立されたDX(デジタルトランスフォーメーション)本部と共同してデジタル改革を推進してゆく所存でございます。よろしくお願いします。

小学生の時に文京リトルリーグに属してプロ野球選手を夢見ていた野球少年としては一つ夢に近づいたようで、また、スポニチの各種活動は楽しく気持ちも若返ります。

スポーツは少子高齢化、働き方改革、AIやIOT、RPAの社会の中で重要な社会的な位置を占めると思っております。健康寿命が延伸し、可処分時間が伸びる中、スポーツをやる人、それを観戦し、応援し、あるいは手助けする人がどんどん増える世の中になってくるでしょう。
また、本年にはラグビーワールドカップ、来年には東京オリンピック・パラリンピック2020がやって来ます。日本のスポーツ界(=スポーツニッポン)にとっても大きな未曾有のチャンスが巡って来ています。

江端の具体的なミッションは現在お話しできない部分もありますが今後明らかになってまいります。ただ個人的な意気込みとしては「現代のスポーツ新聞を再発明する」という気持ちでおります。

皆様は最近スポーツ新聞をご覧になったことはありますでしょうか?

私は紙の紙面を定期購読しています。紙ならではの一覧性や新聞紙として家庭内外での利用もできます。
あるいはスポニチアネックスで記事などをご覧いただく機会もあるのではないでしょうか?
そして、多分一番皆さんとスポニチの接点で大きいのが外部サイトでの記事閲覧(Yahoo! News, LINE News, GUNOSY, SmartNews等)ではないでしょうか?

また、スポニチはゴルフ大会、マラソン大会など各種の事業を主催・後援・協賛しております。スポーツ業界、芸能業界との繋がりも多々ございます。

これらのスポニチの保有する資産をデジタルを通じて活性化するのがミッションであると思っております。70年の歴史のあるスポニチには多くの資産があり、それがデジタル時代に適した形で十分に提供できていないというのが大きなチャンスであり、江端に課せられた課題であると思っております。

この新しいチャレンジに賛同いただける仲間を探してます。もし賛同される方がいらっしゃれば是非、一緒にやりませんか?
Facebook messenger  (https://www.facebook.com/hirotoebata) で直接メッセージいただけるとありがたいです。

江端浩人事務所、エバーパーク合同会社、事業構想大学院大学、次世代マーケティングプラットフォーム研究会、i専門職大学などの活動も引き続き続けてまいります。

では、皆さま引き続きよろしくお願いします。

 

関連記事

  1. Blog

    AI(人工知能)は人類を超えるのか?

    本コラムは前回の「AISASモデル」は、AI(人工知能)時代にどう変わ…

  2. Blog

    Advertising Weekで見えてきた日米マーケティングの違い

    来年日本にも上陸するAdvertising Weekニューヨークで先…

  3. Blog

    日本の国際競争力を上げるためにWi-Fiと電源の普及の加速を!

    訪日客によるインバウンド消費の開拓が、今後の日本経済の重要なテーマにな…

  4. Blog

    スマートフォンの普及に誘発される通信料金の再編について考えてみた

    ソーシャルメディアの普及でスマートフォンの利用意向が高まっているが、ス…

  5. Blog

    2014年のマーケティングの潮流を占う3つのトレンド

    2013年を振り返ると、いろいろな意味でデジタルマーケティングが特殊な…

最近の記事 // Recent Blog

会員ログイン // Login

カテゴリー // Category

アーカイブ // Archive

  1. Appearances

    次の登壇予定 11/22 日経電子版ビジネスフォーラム
  2. Blog

    スポニチスクエア ローンチ!  https://square.sponichi.…
  3. Blog

    災害時の情報伝達手段確保に「パケット通信」の活用を
  4. Blog

    日本の国際競争力を上げるためにWi-Fiと電源の普及の加速を!
  5. Blog

    フェイスブックの株価公開を機にSNSの収益源を考える
PAGE TOP