Blog

クーポン共同購入サービスが流行する理由:1

IT分野のカンファレンス「インフィニティ・ベンチャーズ・サミット」が7日から9日にかけて、500人以上の参加者を集めて京都で開かれた。筆者もセッションに登壇したほか、数多くの新ビジネス関係者と意見交換することができ充実した会合だった。その中で強く感じたのが、「自分化」に対して存在感を示しつつある「我々(われわれ)化」の概念である。

まず筆者の解釈による「自分化」とは、世の中で起こっていることについて、その情報を得ることから一歩進んで何らかのかかわりを持つことを指す。例えばテレビCMの世界観をゲームで体験する、あるいはニコニコ動画にコメントを残すといったことや、あるニュースについてブログやツイッターで意見を書くこともこれに当たるだろう。もちろん心の中にとどめておくだけの「自分化」もあるだろうが、インターネットの発達で能動的にアクションを起こす手段が増えたことで、それらが「見える化」されやすくなった。

そういった中、「ソーシャル」の中でも特にツイッターの発達によって起こっている現象をあえて「我々化」と呼ぶこととしたい。

従来の「我々化」は「自分化」の集合体として成立していた。その典型的な例がコミュニティーであろう。同じものに関心のある人同士が、それぞれの「自分化」体験をシェアしているものと言い換えてもよいかもしれない。それらは長時間存在し、深いつながりで行われることが多かった。

このような強固なコミュニティーに対して、現在ではツイッターを中心に、もっとゆるいつながりが数多くできている。そのつながりには「パッション」と「同時性」に特徴があると筆者は考えている。

例えばツイッター上で「昼食なう」とつぶやくと、「食べたい!」といった叫びからメニュー内容への質問やお勧め料理など色々な関連ツイートが出てくる。つまり、「食欲」という「パッション」に共感した人たちがグループ(=「我々」)になっているのである。

また、ツイッターには新しいツイートが優先的に表示され、古いものは押し出されて見えなくなる特性がある。スポーツの中継時などではその内容で盛り上がるが、終了して数時間もすればすっかり消えて他の話題に移る「同時性」がある。つまり、時限的にパッションを捉えるというビジネスが存在しうる基盤になるのだ。

その都度発生する「パッション」と「同時性」によって「我々化」されたコミュニティーによるゆるい集団性が、クーポン共同購入サービス「グルーポン」に代表されるフラッシュマーケティングを成立させた大きな要因であると考えている。次回この内容をより深く検証してみたい。

江端浩人「i(アイ)トレンド」バックナンバー

関連記事

  1. Blog

    プロジェクションマッピングがもたらす可能性とは

    進むプロジェクションマッピングのマーケティング活用第64回さっぽろ雪…

  2. Blog

    「進むべきか、止めるべきか?」 続・ソーシャルメディアの普及に伴い情報管理問題が表面化

    8月10日に掲載したコラム「ソーシャルメディアの普及に伴い情報管理問題…

  3. Blog

    2016年、デジタルマーケティングのトレンドを占う

    【前回】顧客に“無料”を期待させるマーケティングは正しいのか?(2)」…

  4. Blog

    コトラー・フォーラム2014に参加して(1)

    前回の記事「2014年のマーケティングの潮流を占う3つのトレンド」はこ…

  5. Blog

    ソーシャル・ネットワークで悪用されないために

    情報拡散のスピードは増す一方ソーシャル・ネットワークの力で世界が変わ…

最近の記事 // Recent Blog

会員ログイン // Login

カテゴリー // Category

アーカイブ // Archive

  1. Blog

    企業のソーシャルメディア活用、最適な運用体制は?
  2. Blog

    デジタル黎明期から見続けたITの世界。 今、必要なのは、クリエイティブの力
  3. Blog

    スマホ、動画へシフトする、広告を巣食うNHT問題とは
  4. Blog

    Markezineに年頭の挨拶が掲載されました。
  5. Blog

    雑誌とWebの新しい関係、集英社の挑戦
PAGE TOP