Appearances

次の登壇予定 11/22 日経電子版ビジネスフォーラム

shutterstock_60586321-1145660978-1542203891474.jpg

既に応募は締め切られておりますが、11月22日(木)に 日経電子版ビジネスフォーラムに登壇します。

以前より江端が提唱していた消費者が自分のデータを活用して良い生活を使う「CONSUMER SIDE PLATFORM」の考え方が「データ銀行」になりつつあるのような気がしています。(気がしているというのは、あまり内容をお聞きしていないので、、)

2014年に提唱したCSPの最初の記事はこちら:
https://www.advertimes.com/20140108/article142497/

また、主催している次世代マーケティングプラットフォーム研究会でも一度会合を開きました。

こちらはこの記事”私のデータは私のものであるべきだ”(Marketing4.0、次世代マーケティングプラットフォーム研究会 第7回総会」レポート)になっています。

また、登壇後にレポートします。

<イベント詳細>
開催日時 2018年11月22日(木)
13:00~17:00(12:30開場)
会場 イイノホール
(東京都千代田区内幸町2丁目1−1 飯野ビルディング4階)
会場の詳細はこちら
受講料 無料(事前申込み制)
定員 500名
申し込み締切
2018年11月9日(金)
※申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます
※抽選の結果は当落に関わらず10月26日(金)以降、順次ご入力いただいたメールアドレスに連絡します

主催
日本経済新聞社 デジタル事業 広告・IDユニット

協賛
電通テック、マイデータ・インテリジェンス

お問い合わせ
日経電子版ビジネスフォーラム「生活者がコントロールするマイデータの信託サービス」事務局

◇電話番号 03-6812-8690 (10:00~17:00 ※12:00~13:00および土・日・祝を除く)
◇メールアドレス denshiban-bf@nex.nikkei.co.jp

<江端の登壇セッションはこちら>

15:30~17:00パネルディスカッション

「ユーザーと産業がシンクロする情報銀行の期待と課題」

《コーディネーター》
株式会社電通 電通総研カウンセル兼フェロー/株式会社電通デジタル 客員エグゼクティブコンサルタント 有園 雄一 氏

《パネリスト》
ひかり総合法律事務所 パートナー 弁護士 板倉 陽一郎 氏
一般社団法人シェアリングエコノミー協会事務局渉外部長 / 内閣官房シェアリングエコノミー伝道師 / 総務省地域情報化アドバイザー 石山 アンジュ 氏
株式会社radiko 代表取締役社長 青木 貴博 氏
江端浩人事務所 代表 江端 浩人 氏

 

関連記事

  1. Blog

    100万人の個人情報が流出、スマートフォンアプリの管理は誰の責任か?

    アンドロイドはアプリの事前審査なしインターネットをめぐる動きで先週問…

  2. Blog

    AI(人工知能)は人類を超えるのか?

    本コラムは前回の「AISASモデル」は、AI(人工知能)時代にどう変わ…

  3. Blog

    【参考記事】口コミマーケティング さらなる発展に期待

    《このコラムは、新聞「アドバタイムズ」2010年3月17日発行号に掲載…

  4. Blog

    Advertising Weekで見えてきた日米マーケティングの違い

    来年日本にも上陸するAdvertising Weekニューヨークで先…

  5. Blog

    スマホ、動画へシフトする、広告を巣食うNHT問題とは

    先週は久しぶりに西海岸に行き、ad tech サンフランシスコに参加し…

  6. Appearances

    PCA戦略フォーラム2020」にて基調講演をさせていただきます。

    2019/10/18~【PCA戦略フォーラム2020】会計ソフトのピ…

最近の記事 // Recent Blog

会員ログイン // Login

カテゴリー // Category

アーカイブ // Archive

  1. Appearances

    World Marketing Summit Tokyo 2019のアンバサダー…
  2. Blog

    デジタルテクノロジー/マーケティングの進化で実現するシェアリングと所有の二極化経…
  3. Blog

    フェイスブックは本物か。ブームで終わるのか
  4. Blog

    「進むべきか、止めるべきか?」 続・ソーシャルメディアの普及に伴い情報管理問題が…
  5. Blog

    『PPAP』に学ぶ!世界に拡散されるコンテンツのヒット要素分析(1)
PAGE TOP