Blog

ツイッターの世界記録も作ったFIFA女子ワールドカップ決勝

テレビとツイッターの相性の良さがあらためて浮き彫りに

7月18日早朝、日本の劇的な優勝で幕を閉じたFIFA女子ワールドカップは、読者の皆さんの記憶にも新しいのではないだろうか。経済効果1兆円との予測もあるこの快挙は、復興の途上にある日本に大きな希望を与えてくれた。

このコラムに関連するインターネット広告の切り口では、テレビとツイッターの相性のよさがあらためて浮き彫りになったと筆者は考えている。というのも、Mashable によると今回の日本vs. 米国の決勝戦のTPS(Tweet per Second、秒間ツイート数)は7196で、同じく7月17日に行われたコパ・アメリカのブラジル vs. パラグアイ戦時の7166をわずかに上回りトップの座を獲得したということだ。

ほぼ同じ時間帯に行われたこの両試合の共通点は、全世界へ向けて放送される国同士のサッカーの試合ということである。ちなみにそれまでの記録は2011年の日本時間の新年で 6936件、昨年のFIFA男子ワールドカップ時の最高は日本 vs. デンマーク戦時の3283、米スポーツの最高峰2011年スーパーボウル時は4064だったということである。

今回のツイッターのアクセス数の裏には色々な理由があると考えられるが、まずは規模であろう。つまり当然ではあるがTPSの多いイベントは全世界で中継され、ツイッターのユーザーが多い国に関わっているということである。コムスコア によればツイッターの利用者数比率の多い国にブラジルと日本が挙げられるが、それに加え米国がかかわっていたことが大きいだろう。米国では900万人以上のフォロワーがいるオバマ大統領も歴史的な決勝戦をテレビ観戦しながらツイッターでつぶやいており、米国民全体がつぶやく状況ができたのではないか。

また日本では試合時間が未明から早朝にも関わらず、中継が6時台に21.8%、瞬間最高視聴率が27.7%と大変な国民的関心を集めた大きなイベントであった。その圧倒的な地球的な規模に次いでは“同時性”が挙げられるだろう。男子・女子両試合ともTPSのピークが特に勝敗がつくPK合戦であったということも大きな要因だと考える。このように、大規模に同時性が実現するテレビ中継が行われる時にツイッターはその威力を発揮するのではないだろうか。しかし、単にこの規模と同時性だけでは以前より人気の高い男子サッカーが女子に引けをとるということは説明できない。

口コミ拡大に貢献した“共感性” と“希少性”

今回の女子ワールドカップ決勝は王者米国対FIFAランキング4位ながら米国に未勝利の日本である。しかも日本は被災国で、試合終了ごとに世界から日本への応援メッセージを送っているのである。そこにはシナリオでは書けないドラマ性とそして何よりも“共感性”が高かったのであろう。大災害から復興を果たそうとしている日本に対して、世界中が共感し、その思いをツイッターに乗せてつぶやいたのではないだろうか。そしてそれはただ観戦しているよりも深い体験を与えるものではないかと思う。

そして共感性と同時に“希少性”もあったのではないか。なによりも日本は男女を通じて初めてのFIFAワールドカップ決勝進出、そして優勝である。そしてその希少性に関しては同じような事例が先日、TBSで行われた「歌の日」特番で見受けることができた。

AKB48やEXILE、SMAP、いきものがかりといった人気アーチストが多く出演するこの番組の放映時に人気のツイートにランキングされたのはドリームモーニング娘。(モーニング娘。のOGユニット)であった。他のユニットももちろん人気があるのであるが、メンバーは普段ばらばらに活動をしており、あまり同時に見ることはできない“希少性”があるのである。

このように“規模”“同時性”“共感性”“希少性”がツイッターに限らず、口コミには重要であると考えるのであるが、これにマッチしたメディアは正にテレビであろう。これは6月に米国のNielsen Consumer 360という会議に行ったときにも感じたことであるが(コラム「Consumer360でみた米国のマーケティング事情」を参照)、ツイッターの反応でテレビ番組のインパクト、つまり視聴率だけでない番組のパワーが計れるのではないかと考えている。市場には徐々にツイッターなどのソーシャル機能を搭載したテレビが普及してきているが、来年のロンドンオリンピックに向けてテレビとソーシャルとりわけツイッターがどのように発展してゆくか注目したい。

江端浩人「i(アイ)トレンド」バックナンバー
もっと読む

関連記事

  1. Blog

    登壇予定: Japan IT Week 春 特別講演

    4/815:00~16:30◆Japan IT Week春 特別講…

  2. Blog

    理想的なリキッド&リンクド・コンテンツ:「アナと雪の女王」ヒットを分析して(2)

    前回のコラムで紹介した時がピークだと思っていた「アナと雪の女王」(以下…

  3. Blog

    スマートフォンのキラーアプリケーションとしてのSNSを考える

    スマホのSNS利用はツイッター、フェイスブック、mixiの順…

  4. Blog

    災害時の情報伝達手段確保に「パケット通信」の活用を

    この度の東北地方太平洋沖大地震(東日本大震災)にて被災されたすべての地…

  5. Blog

    変わるコンテンツづくり  クリエーターとの協業が鍵に

    10月28日と29日の2日間開催された「アドテック東京」は2年目を迎え…

  6. Blog

    国内でもスマートフォン・タブレット端末向けの施策が本格化の兆し

    米市場調査会社IDCが3月29日に発表したスマートフォンの世界市場市場…

最近の記事 // Recent Blog

  1. マーケティング視点のDX

会員ログイン // Login

カテゴリー // Category

アーカイブ // Archive

  1. Blog

    インドのiMedia Brand Summitで感じたこと。
  2. Blog

    まもなく200回と転職のお知らせ
  3. Blog

    オリンピック中のロンドンで感じた電子書籍元年
  4. Blog

    ハズキルーペが割れた!交換に行ってきます。
  5. Blog

    2013年のテーマは「ANDの発想の必要性」
PAGE TOP